特長 | 自動モード切替
ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタでは、ご家庭のネットワーク機器を判別し、本製品の持つ二つの機能、「ルータモード」と「ブリッジモード」を自動で切り替えます。
ルータモード
ブリッジモード
※マンションタイプ等の一部のインターネット接続では自動モードで識別できない場合があります。
ルータモードとブリッジモードとは?
「ルータモード」とは、パソコンやゲーム機など、複数の機器を同時にインターネットに接続する動作モードです。インターネット接続のための設定を記憶したり、各機器の経路を自動で設定します。
ルータは基本的には1台あれば十分です。2台以上つなぐと正常に動作しない場合があります。

モード切替スイッチ「ブリッジモード」とは、パソコンやゲーム機、ルータなどの複数の機器間でネットワークを中継する動作モードです。経路設定ができないので、「ルータ」機能を持つ機器がないと、複数の機器を同時にインターネットに接続することはできません。

ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタでは、背面にあるモード切替スイッチを「AUTO」にしておくとルータモードとブリッジモードの自動切り替えを行います。「ROUTER」でルータモード、「BRIDGE」でブリッジモードに固定することも可能です。
Wii ニンテンドーDS